未分類

Coincheck(コインチェック)から580億円相当のNEMが奪われた事件について、会見の質疑応答をまとめてみた

Coincheck(コインチェック)から580億円相当のNEMが奪われた事件について、会見の質疑応答をまとめてみました。
会見を聞きながらまとめましたので、間違いがあるかもしれませんがご了承ください。

発生事象まとめ

質疑応答まとめ

Q 奪われたNEMは誰のものですか?
A 顧客のもの

Q 奪われたNEMの量は?
A 5億2300万NEM、580億円相当。

Q 顧客への保障はどうする?
A できるかぎりお客様に迷惑をかけないようにする。現在検討中。

Q リップルなど他の通貨は?
A 今のところ問題ありません

Q ハードフォークしますか?
A NEM財団からできかねると返答されました。NEM自体の脆弱性ではないため。

Q 保管していた場所は?
A ホットウォレット(オンライン)から奪われた。コールドウォレットではない。

Q コールドウォレット(オフライン)を採用しているのは?
A ビットコイン:コールドウォレットを採用、マルチシグ対応
イーサリウム:コールドウォレットを採用、マルチシグ機能自体がイーサリウムにはなし
ネム:ホットウォレット(オンライン)、マルチシグ非対応

*マルチシグとは秘密鍵が一つではなく、複数に分割されており、コインへのアクセスは一定数以上の鍵を合わせる必要があることです。 つまりコインへのアクセス許可を複数必要にする機能

Q だれから奪われたのか?
A IPアドレスなどから解析中です。

Q NEM保持者の顧客情報は残っていますか?
A 残っています

Q NEMは取り戻せるのか?
A 送り先はわかっていますので、追跡できれば戻ってくる可能性がある。

Q オフラインで保管するのは難しいということだったが、その理由は?
A 着手していたが、人材が不足していた。

Q 取引所復旧の予定は?
A 未定です。

Q 奪われてからかなり時間がたっているが、なぜか?
A アラートがなるのに時間がかかった。

Q 金融庁の登録はいつになるのか?
A 我々の方では判断出来ない。登録出来ることを前提に動いているが、全ては金融庁の判断次第

Q マルチシングを行っていないなどセキュリティーが甘かったのでは?コインチェックのセキュリティーが甘かったから、狙われたのでは?
A 現段階でできることは行っていた。私たちのセキュリティーが甘かったという認識はないが、お客様に大変申し訳ないと思っている。

Q 他にマルチシグに対応していない通貨はあるのか?
A 通貨の性質上対応していない通貨もある

Q 法定通貨も引き出せなくなっている理由は?
A 現在どういう対処をすれば、資産を守れるか検討中のため

Q なぜXEMが狙われたんですか?
A なぜXEMが狙われたのは分からない

Q 事業は継続できるのか?倒産するのか?
A 継続する予定です

Q 第三者からの援助はあるのか
A 今のところない

Q 昨年の6月になりすまし保証を発表していたがすでに実施済みか?
A まだ実施していない

Q 昨年の6月中に実施するといわれていたが?
A 対応する予定だったが再度検討した方が良いと考えられ、延期となった

ABOUT ME
新入社員
名前:新入社員 2017年度入社の入社1年目。同年12月から大学時代の同期に勧められ、仮想通貨を始める。 趣味は筋トレと麻雀とラグビー。 余剰資金を仮想通貨に全ツッパ!